« ショートショートムービー過去作品・角田貴志監督「黄金」 | トップページ | 夏予選参加監督アンケート15 »

2008/08/28

MC上田の夏予選直前リポート8

あと3日! あと3日! あと3日っていうかもはやあと2日じゃなかろうかこれは。すいません。じりじりと更新が後ろだおしになっております。とにもかくにも本番はあさって、30日! ついに直前チケット予約発動や! こちらのフォームで一発予約や! 制作チームもいよいよ本気ですよこれは。さっそく多数ご予約いただいております。盛り上がってまいりました。これは席パンクするかもしれませんよ。しませんけど。1000人ぐらい入りますけど。迷ってる方、なにを迷うことありますか。ぜひ! 

さて、昨夜京都に戻る予定が、ちょっと打ち合わせなどアレコレありまして、始発ののぞみで帰ってまいりました。朝8時30分、ヨーロッパ事務所の編集室をのぞいてみると…、カタオカ監督、そして黒木正浩監督! まさに編集の追い込み中でした。そんなわけで、いよいよ佳境の監督紹介、まずは黒木監督、いってみましょうか! 黒木監督といえば、SSMFではおなじみ。第2回、第3回大会と、なんと連覇をはたしているという、押しも押されぬ人気監督であり、その世界観は、こういうことだったり(音が出ます)、こういうことだったり。つまりは勇気・友情・勝利の世界、民明書房の世界。これを齢35にして、狙いでなく地でいっているところが、カリスマの所以であります。そう、小手先のテクニックだけでは勝ちあがれない、己のパトスのほとばしりを試されるSSMFにおいて、黒木監督はまさしくカリスマといえるでしょう。そんな黒木監督に、今年はなにムービーですか、とたずねてみたところ、「そりゃもう、黒木ムービーやろ」との答え。「もはや、黒木=1ジャンル」という凄みを感じさせつつ、情報量ゼロのこの回答も、黒木監督ならむべなるかな、というもの。いわゆるこういう作品が、今年もお目にかかれるんでしょうか。アンケートでも、質問4の回答がじつに秀逸な黒木監督。斬るか斬られるか、本番を待て!

ちなみにカタオカ監督も、仕上がりは上々のようです。「編集してみたら、なんとか」と、頼もしいコメント。今もなお、黒木監督とともに、パソコン2台並べて切磋琢磨しております。アラウンド35チームをして、徹夜せしめるこの大会。いよいよ気力勝負となってまいりました!

…と、そこへ、中川委員長から、僕あてに、今しがたメールが届きました。いわく「上田のSSMFコラムにソリの名前が一切出てこないと、大歳がすねています」。しらんがな! ちゃんと紹介するがな! というわけで、ソリ監督。ソリ。ソリはねえ、プロフィールとしてはまあ、ヨーロッパ企画の若手ユニット、といえば分かりやすいでしょうか。大歳君と松田君からなる、ヨーロッパ企画にいながらにして、「ソリ」という独立した劇団でして、なんどか公演やイベントも開催しております。そんな、我々ヨーロッパ企画と、つかずはなれずのユニットです。中川委員長のメールのつづきには「ソリ情報としては、今日もぐらプロの事務所兼住居のもぐらハウスで、撮影してきました。出演は中川・酒井・西村・黒木、そして、松田君の友達。台本読んだ感じでは、かなり面白そうでした。」とのこと。ほっほう。もぐらプロにはもぐらハウス、っつうのがあるんですね、というプチトピックもありながら、もうすでに撮影はすんでいる様子。まあそりゃ3日まえなんだから、当たり前か。それにしても気になるのは、中川委員長の「面白そう」という感想。黒木さんからも先ほど、同じ感想をききました。なんだかやけに内部評価が高いです。気になります。去年の松田君の作品は、世界発信できない感じでしたけど、今年はおそらく作家の大歳君の台本でしょう。ソリ監督、期待ぶくみです。そういえば、出演に、松田君の名前がないですね。アンケートでは威勢よく答えてるんですが。そのへんの采配も、気になるところです。

そしてそして、夏予選唯一の女性チーム、日比野・大谷監督! ソリとは1学年下の、同級生ユニットです。アンケートでも、ライバルにソリの名前が挙がっています。「ソリの会議中」ってことは、ソリにも関わってるんですね。ソリの松田君が意外に後輩にきびしく、それに対して萎縮している日比野さん・大谷さんをたまーに見かけます。そんな2人が、年に一度、シャキーンと牙をむくのが、このSSMFです。そう、去年もこのチームで参加していました。こんな作品。残念ながら、予選落ちしてましたが、面白いです、これ。このチームのポイントは、ずばり、毒。これだと思っております。今年ぜんぜん違う感じの作品だったらどうしよう。やあ、でも、そう思います。これがうまいこと炸裂したら、かなり、波紋を呼ぶんじゃないかと思っております。日記によると、完全分業制のようですねえ。台本ってことは、なんでしょう、ドラマっぽい感じでしょうか。1週間ほど前、「ゴーレム」東京公演の楽屋で、石田君を撮影している、日比野大谷チームから派遣されたクルーをみつけました。そのときは、どんな作品か、皆目見当つきませんでした。あんなシーンどう使うんだろう、と。なんにせよ、唯一の女子チームです。注目度、高いと思います。おっ、ワンカット、公開されてますねえ! 日比野さん、あしたも日記かいてくれませんか? 楽しみです。

などなど、今日は、ヨーロッパ関係の監督を、ご紹介してみました。他にも、直前だけあって、あれこれ動きがみられますね。

万能グローブガラパゴスダイナモス監督、このタイミングで、ショートショートムービー制作ブログがオープン! なんだなんだ、このページ! 一気呵成じゃないか!

悪い芝居監督の山崎さんも、ブログにいいやつ書いてくれてます。山崎さん。山崎くん。ホントは山崎くんって呼びたいところを、まだ会ったことないのでグッとこらえている。それぐらい、勝手にシンパシーを感じている。はやく会いたい!

とくお組監督も、なにやら面白そうなことを考えているようです。SSMFそっちのけですっかり楽しげです。助かります!

もうねえ、ダメだ、ホントに楽しみだ。どないかなりそうだ。ちょっと冷静さを欠いてますね。すいません。面白いイベントだと思うのでぜひ観にきてください。のこすは角田監督、そしてベビー・ピー監督。次回おたのしみに!

|