« ショートショートムービー過去作品・黒木正浩監督「黄金」 | トップページ | 夏予選参加監督アンケート12 »

2008/08/22

MC上田の夏予選直前リポート2

夏予選まであと9日! なんですけど、そもそもこの「予選」のムードについて、少し、お話しておきますと。

正直、SSMFが熱いのは、じつは、本選よりも、むしろ予選です。というと、語弊がありますが、なんといいましょうか。本選は、豪華なゲスト監督の作品やら、予選をすでに勝ち抜いた作品なんかが集まって、その中で、さらに栄えあるグランプリを競い合いましょう、という、わりかし華々しいフェスティバル的なムードがあるのですが、その一方で、予選は、まあ、「泥仕合」です。とにかくヒリヒリします。「1人のグランプリ」ではなく「勝者」と「敗者」を決する戦いなので、明暗がきっぱり分かれます。たとえば、本選のあとの打ち上げは、優勝者をやんやと祝いつつも、互いの作品をたたえ合う、いわゆる「うまい酒」になるのですが、予選会のあとの酒は、とかく「苦い酒」になりがちです。その苦さは、敗者のやりきれない悔しみの苦さであり、また、勝者の敗者に対する気まずさの苦さです。飲みの席じたいも、バッチーンと分かれます。そんな風に、「華々しい」本選に対して、「弱肉強食」「血で血を洗う」といった表現がまさにふさわしい、それが、予選会であります。おととしの明暗去年の明暗。

ちなみに、予選会は、おととしの第3回大会からはじまったのですが、回をおうごとに、そのヒリヒリ感は、よりいっそうスパークリングで、負けて本気で泣く人とかいます。すねる人とか。しかも、去年までは、ヨーロッパ企画メンバーのみの、いわば内輪の予選会だったのが、今年からは、よそからの監督も入り乱れての、バトルロイヤルとなります。こと、夏の予選に関していえば、参加監督のラインナップからもおわかりのとおり、「ムービーフェス」の名を借りた、劇団対決ですから。各劇団の魂を映画にこめた、代理戦争ですから。おのおのの威信のかかりっぷりは、推してしるべしです。ハードルぐい上げしてスイマセン、参加者の皆さん。あ、劇団じゃない人たちもいますね。ともあれ、そういうプライドの削りあいを、観にきませんか、ということです。チケットもあることですし。

そうそう、観にきてくださったお客さんは、投票ができます。全16作品中、3作品に、票をいれることができます。そうやって、すべてのお客さんから集まった票数で、上位5作品が、はれて本選出場、という仕組みになっております。6位以下の作品は、残念ながら見納めです。夏予選は、そんなようなシステムです。

やー、ヒリヒリします。これを読んでる参加監督のみなさんは、よりいっそうヒリヒリしていることだと思います。いよいよ明日以降、各監督の動向を、みていくことにしましょうか。明日以降のリポート、お楽しみにー。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519524/42231840

この記事へのトラックバック一覧です: MC上田の夏予選直前リポート2: