« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008/09/10

今後のSSMF運営委員会日報は!

どうもー。運営委員長の中川です。

遅くなりましたが、8月30日の夏の予選会ご来場ありがとうございました。残念ながら、観に来られなかった方のために、しばらくのあいだは、このブログを使って、色々報告していきたいと思います。

予選通過作品に関しましては、上田君が書いてくれたとおりです。近日中に、通過監督達の喜びのコメントを載せます。

予選通過出来なかった作品に関しましても、落選の悲しいコメントを載せる予定です。その際に、16位までの順位も発表したいと思っております。さらに、さらに!落選した作品を、このブログで、期間限定上映しようと思っております。お楽しみに!

舞台裏や、上映前の各監督のコメント映像、楽屋の様子、打ち上げの様子など、膨大な映像もあります。こちらも上映を検討中です。

あと、いち早く夏の予選会の様子をアップしてくれている酒井ロボティクス研究所では、上映順決めロボットが見られます。グッダグダです。改良の余地ありですね。改良の余地しかないと言った方が正解かもしれません。

というわけで、まだまだSSMFは続きます!本選は春までですからね。それまでは、このブログもチェックして下さいねー。

|

2008/09/01

MC上田の夏予選直前リポート11

やー、夏予選、終わってしまいましたね。盛り立ててくださったみなさまには感謝しきりです。お客さまも雨の中、多数お集まりいただき誠にありがとうございました。おかげさまで実りある予選会になりました。そんなわけで、気になる結果のほうをこちらでも発表しておきますと、

1位 諏訪雅監督
2位 イクイプメン監督
3位 黒木正浩監督
4位 角田貴志監督
5位 ソリ監督

という5組が、みごと、予選通過となりました。おめでとうございます! 例年であれば、本選での評価にさしつかえるので、順位まではなるべく発表してなかったのですが、今年はとにかく混戦模様で、上映順やお客さんが違えば順位もまるで違っていただろう、という印象の、波乱含みの予選会となりました。ですので、本選ではこれがいっくらでもひっくり返る可能性があるかなあ、と思っております。そういえば、去年も、予選と本選ではまるで結果がちがってましたからね。そんなわけで、ひとまずこちらが、昨日の流れを制した、上位5作品でした。本選のほうも、お楽しみに!

それにしても、やはり流れは重要ですねえ。前の作品からの流れによって、印象がぐっと際立った作品や、逆に個性をつぶしあってしまった感じの作品もありました。変化球なのに一発目にきちゃった、とか。もぐらプロ監督ですけど。そういう意味ではくじ運も重要なファクターですね。酒井君の抽選ロボ、おつかれさまでした! ポンコツながら、けなげに頑張ってくれました。次はないかもよ!

さてさて、本番のくわしいレポートは、おそらく、会場にいらっしゃったお客さまが、それぞれのブログなんかに書いてくださってることでしょう。書いてください、どうか! 他力本願も甚だしいですが、そちらのほうがよっぽど客観性あると思いますので、本番のようすを知りたい方は、ブログ検索などしちゃってください。

そして、僕はといえば、とくに今回、ヨーロッパ企画以外から、わざわざこのような不毛な大会に参加してくださった劇団のみなさまに、感謝感激の思いでいっぱいです。しかも、僕らの本拠地・京都で開催という、アウェーでの戦いを分かっていながらにして、それでもなお、堂々と予選から挑んでくださった、その心意気には敬服の念を禁じえません。何より素敵な作品、ありがとうございました! これまであんまり内容のこと書けませんでしたが、もう、おんもしろかったです!

もぐらプロ監督! 最高にくだらないオチとオチ音、ありがとうございました! 打ち上げの2次会で、みんなで繰り返しみてはヒーヒー笑った、あの時間はあの作品こそがもたらしてくれた、至福のひとときでした。

ジュース監督! 本番数日前の、運営委員会がもっともピリピリしていた時期、ジュース監督の作品に救われました。あれほど気を張ってた中川委員長が、届きたてのジュース作品を見て、数日ぶりに笑ったのです!

ソリ監督! はじめて観たときは震えました。半分身内みたいなもんなんで照れくさいですが、夫婦の共同作業をみたような思いです。あるいはタッちゃんとコータローのそれを。本選出場おめでとうございます!

ゴジゲン監督! 愚直なほどにまっすぐに、「ゴ」というタイトルに取り組んだ、ゴジゲン監督! なのに力技の石田・諏訪監督にまんまと挟まれるあたり、スネオとジャイアンに挟まれたのび太みたいでグッと来ました。あとラスト前の情感にも!

イクイプメン監督! 他の追随をゆるさぬ世界観、素晴らしかったです! フォロワー不在すぎて、一位なのかレースに参加してない人なのか、見分けがつかないこともままあるイクイプメン監督、今回は貫禄のレース運びでした!

万能グローブガラパゴスダイナモス監督! 女優さんのシャキーンとした演技、男優陣の老獪なキャラクター、小気味よい脚本。福岡という別天地にて、独自に進化した生物たちの行進を目の当たりにした思いです。まさしくガラパゴス!

とくお組監督! 「碁をやろう」と誘うときのたくらみ顔、ケンカの急すぎるセリフ展開、碁石を飲み込んでしまう芝居のムリヤリ感。神が細部にやどりまくっておりました! クイズ大会やら黒木フィーバーやら、ムダな盛り上げをありがとうございます!

ベビー・ピー監督! 男臭さ全力投球、逆にすがすがしかったです! 今大会中、もっとも土の匂いのする映画。そうなんです、演劇って、僕らのやってることって、そもそもこういうことだったような気がします!

悪い芝居監督! やー、悪い作品でした、あれは。ドキドキしました。テクニックもさることながら、観ていて狂おしくなりました。お客さん、ぜんぶそっちに行っちゃうんじゃないかと、ハラハラしてました、内心。凄い作品でした!

そんなわけで、皆さんホントにどうも、ありがとうございました。勝手に対立構造あおったりしてスイマセン。またぜひ、ご一緒できる機会があれば、嬉しく思います! ヨーロッパの人たちの作品については、またおいおい。

そろそろ、夏が終わろうとしています。われわれ運営委員会も、これよりまた、冬の予選に向けて、準備を進めてまいりたいと思います。冬は冬で、ゲレンデが溶けるほどの戦いがやってきそうな気配です。ひとまずこれで、夏予選のリポートを終わります。ありがとうございましたー。

|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »