« 大阪予選会、最後の一枠は! | トップページ | 水野美紀さんのこと »

2010/02/24

一般応募作品予選会に参加してみて

どうも。運営委員の本多です。
一般応募作品の受付開始が後もう一週間を切りました。皆さん撮影の方は順調でしょうか?

さて今週は第2回大会で見事一般応募からグランプリを獲得した植田豪さんに
SSMFに参加して良かったこと良くなかったことを聞いてみました。

さて良かったことは、
・得難い経験です。
・オリンピックです。
・映画のオリンピックです。
・審査員が観客なのでフェアです。

というなんとも有り難いお答えが。有り難さとユーモアが。僕もオリンピックのような参加することに意義がある大会だと思います。僕自身、毎年、撮影前に「ウワーーーッ」てなりますが、って言うか今が正にそのときなんですが、参加自由なのに参加してしまうのです。

そして注目の悪かったことは、
・いつも作品提出がギリギリになって睡眠不足になることどす。
・上映の段階ではじめて転倒したことを知る残酷な天使のテーゼそれもまたよし行ってこいです。

これまさに参加監督全員に言えることじゃないでしょうか?
でもだからこそ終わった後の爽快感たるや物凄いです。
だから皆さんぜひ1度参加してみてください。
SSMFに参加した人生と参加しなかった人生。あなたはどちらがお好みですか?

ちなみに植田豪さんは今年も勿論参加して下さるとのこと。
制作状況はちょっとずつネタを書きためてるそうです。

それから「もうちょい広い部屋に引っ越すか悩み中。」とのことです。
良い物件お知りの方は植田豪さんにこっそり教えてあげてください。

|