« 2011年4月 | トップページ

2011年5月

2011/05/22

一般応募作品予選会

どうもです。
今日、東京カルチャーカルチャーにて一般応募作品予選会を行いまして、本選参加監督2名が決まりました!!

渡部亮平監督「SMILE」
大長陽二朗監督「リア充ボマー」

の2作品です。

今年は、例年よりも見応えがある作品が集まって審査員の皆さんも
選ぶのが大変だとおっしゃってました。
参加してくださった監督の皆さん、ありがとうございました。

そして会場まで足を運んで、観て、投票してくれた皆さん、審査員の皆さんありがとうございました。

お祭り感満載の予選会になって、司会でもなくただイベントを観てた僕は楽しいなあと思う2時間半でした。

本選で、この2作品がどう受け止められるか楽しみです。

本多

|

2011/05/15

本選ゲスト監督、ゲスト審査員を発表。

7月2日のゲスト審査員は、

いとうせいこうさん、そして本広克行監督が来場し、観客の皆様と一緒に審査いたします。

さらに、7月2日に作品を出品し、来場されるゲスト監督は、

天野天街(劇作家・演出家・少年王者舘主宰)

お~い!久馬(プラン9・芸人)

奥山由之(映画監督・写真家)

川田十夢(AR三兄弟、長男)

せきしろ(文筆家)

冨士川祐輔(フジテレビ・ディレクター)

の6組です。

7月2日の本選チケットは、5月28日に一般発売開始です!
詳細は、コチラ

|

ヨーロッパ企画予選会、結果発表。

昨日、ヨーロッパ企画予選会が終了しました。
順位を一位から最下位まで発表致します。


1位 諏訪雅 「影人間」 (103票獲得)

2位 角田貴志 「志ず江」 (76票獲得)

3位 黒木正浩 「零一十王.exe」  (62票獲得)

4位 上田誠 「タイムマシン」 (50票獲得)

5位 土佐和成・本多力 「夕飯」  (44票獲得)

6位 永野宗典 「SFボーイ」 (29票獲得)

以上が、予選通過のため、7月2日の本選出場が決定!


7位 山脇唯 「ゴッホとひまわり、高畑さん そして2人は時をかけない」 (18票獲得)

8位 悪い芝居(劇団) 「ちちんちんちん」 (14票獲得)

9位 夕暮れ社 弱男ユニット(劇団) 「アルティメット文明」 (10票獲得)

9位 山口淳太 「仁義ある使者」 (10票獲得)

11位 石田剛太 「未来を変える」 (7票獲得)

11位 大歳倫弘 「おとしてやるぜ」 (7票獲得)

13位 男肉 du Soleil(ダンスカンパニー) 「Dear my friend」  (5票獲得)

14位 酒井善史「ホワイトホームエレクトロニクス」 (4票獲得)

15位 西垣匡基 「無機物」 (3票獲得)

16位 ベビー・ピー(劇団) 「ザ・ヒストリー・オブ・SF」 (2票獲得)


という結果でした!
投票して下さった皆様、ありがとうございました!
そして、通過した監督はもちろん、落選した監督も、本当にありがとうございました!

次は5月21日の一般応募作品予選会ですよ!

|

2011/05/13

チケット購入について

14日のヨーロッパ企画予選会、プレイガイド販売が終了してしまうので、
メール予約を受け付けるようにします。

ヨーロッパ企画presents第7回ショートショートムービーフェスティバル
ヨーロッパ企画予選会
5/14(土) 13:00~ 京都府立文化芸術会館

ticket@europe-kikaku.com 宛に5/13(金)19:00までにお送りください。
ご予約料金:2,500円/1枚。未就学児入場不可。
本文に【お名前・希望枚数】をご記入ください。

料金は当日、会場受付にてお支払いください。お席を選ぶことはできません。

ぜひご来場下さい!

|

2011/05/11

一般応募作品予選会、上映作品決まる

どうも一般応募作品予選会担当の本多です。
昨日、5月9日に応募していただいた作品の一次審査を運営委員でやりまして、
5月21日に東京カルチャーカルチャーで開催します一般応募作品予選会の上映作品を決定しました。

青色三号監督「カスタマイズドハニー」
宇宙の隙間監督「なんてことは全然なかった」
大長陽二朗監督「リア充ボマー」
北見理監督「extra」
作道雄、橋ヶ谷典生監督(月面クロワッサン)「負けない透明人間」
ジュース監督「落札!SF」
バイノットシーズ監督「さよなら、不良おじさん」
福山茂監督(occasione)「そらとぶクルマ」
粉末・サトイ監督「時をかけれても少年」
前田和彦監督「SOBAR WARS」
真壁幸紀監督「三億光年の彼方から」
渡部亮平監督「SMILE」

(五十音順)

の12作品です。
今年は例年よりも作品数が25作品と少なかったのですが、どの作品も「うう、SFをこう撮ったのか!?」と唸らされる作品ばかりで審査も盛り上がり、自分の作品が完成していない僕はプレッシャーを感じまくりました。
応募してくださった監督の皆さん本当にありがとうございました。
またこのブログで、各監督の紹介なんかを引き続きやっていこうと思います。

|

2011/05/07

ヨーロッパ企画監督陣 近況報告

こんにちは!映像スタッフの山口淳太です。ヨーロッパ企画予選会まであと1週間になりました。監督陣の動きもあわただしくなってきましたので、皆さんの感じをご報告します。

石田剛太監督は、東京で撮影。クランクアップしたとのこと。

酒井善史監督は本日クランクイン。事務所の庭にセットを作っての撮影だそうです。プロットを聞かせてもらいましたが、家電×SFの作品になるみたいです。

諏訪雅監督は昨日クランクイン。

土佐和成監督と本多力監督は、(言っていいのかな?)共同で監督するそうです!明日クランクイン予定。

山脇唯監督は東京で撮影中。

黒木正浩監督は東京で黒木組の大見康裕さんと合成作業をしたあと、京都に戻って編集作業中。

西垣匡基監督はクランクアップ。劇中でモノがしゃべるという未確認情報があります・・・。

そんな中、上田誠監督、角田貴志監督、永野宗典監督、大谷典子監督、大歳倫弘監督、そして僕・山口淳太はいまだ情報がありません・・・・といいますかストーリーも思いついていない可能性もあります(汗)果たして間に合うのでしょうか・・・・。


ヨーロッパ企画以外の劇団の皆さんでは、

男肉 du Soleil監督と、悪い芝居監督はクランクアップされているそうです。

ベビー・ピー監督は昨日クランクイン。8日にも撮影されるそうです。

夕暮れ社 弱男ユニット監督は、撮影セットとして、お部屋を大改造されているという未確認情報が・・・。


皆さんいったいどんなSF映画を撮るのでしょうか!?

|

« 2011年4月 | トップページ